基本テクニック集!

グリスのやり方とポイント!

更新日:


ギター初心者

 

グリスのやり方とポイント!

 

ギターの弦上を滑らせて音を出す奏法のスライドとグリッサンド。(グリス)

この2つの奏法は原理は似ていますが、表現するニュアンスが明確に異なります。

 

スライド⇒音と音を繋ぐ経過音であり、最終的に到達させたい音が決まっている。

 

グリス⇒出発点も着地する音もとくに決まっておらず、効果音や経過音として使う奏法。

 

//  スライドのやり方とポイント! ギターの弦の上を滑らせるようにして表現するテクニックのスライド。この奏法は、ピアノや管楽器などの他のメロディー楽器...

 

今回は、グリスの基本的なやり方とポイントを説明します。

 

グリスの基本!

 

例)6弦上をグリスする場合。

 

【グリスの種類】

 

・グリスアップ⇒6弦の低い音のフレットからピッキングをしてギターの弦上をハイポジション側に滑らせて音を出す奏法。

 

・グリスダウン⇒6弦の高い音のフレットからピッキングをしてギターの弦上をローポジション側に滑らせて音を出す奏法。

 

 

複数弦をグリスすると迫力アップ!

 

ロックなどでは、単音でグリスを使うよりかは、複数弦を同時に押さえてグリスを使った方が音に迫力が出ます。

そして、使い用途としては、ソロの導入部分とかギターリフの入りとか、曲のアクセントや効果音として使うことが多いと思います。

 

有名なところでは、ベンチャーズのテケテケフレーズですかね。(古い!?)

 

オンラインギターレッスン

 

 

私は、ベンチャーズ世代ではないですが、サーフロック的に世界で大ヒットしたバンドです。

 

動画で詳しく解説!

 

 

 

 

 

視覚的にもわかりやすいように、動画を撮影したのでこちらもご覧下さい。

 

*グリス奏法に関しては、簡単だし、とくに決まったルールとかもないので好きなように使って慣れて下さい。

 

まとめると...

 

・グリスとスライドはテクニック的には似ていますが、音のニュアンスが異なる。

 

・グリスは効果音として使うことが多く、大胆にやることでプレイが映える奏法の1つ。

 

いかがでしたか?

 

プレイ的には難しくはないので、勢い重視で音程差を激しくした感じがかっこいいと思います。

 

よく読まれている関連記事!

-基本テクニック集!
-, , , , , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.