音楽で役立つ知識!

3,4弦ルートのメジャースケールのポジション!

更新日:


ギター初心者

 

 

3,4弦ルートのメジャースケールのポジション!

 

以前、5,6弦ルートのメジャースケールのポジションを複数覚えてもらったと思います。

 

 メジャースケールとは、一般的に音楽の授業で基本として習ってきた「ドレミファソラシド」の音階のことであり、コード(和音)やハーモニーなどを付ける時の基礎となっている部分です。しかし、そのメジャースケールは、ギターの指板上には本当に沢山のポジションで存在するので、最初の頃はそのポジションを覚えることが難しいかと思います。 今回は、メジャースケールのポジションを1つのコード(和音)付近毎に覚える方法を紹介したいと思います。 メジャースケールの成り立ち! メジャースケール=ドレミファ...

 

今回は、さらに追加して3,4弦ルートのメジャースケールのポジションもマスターしてほしいと思います。

どちらかと言えば、メロディー楽器としての位置づけのプレイスタイルの場合は、こちらのポジショニングの方が使用頻度は高いと思います。

 

3,4弦ルートのメジャースケール!

 

 

Key=Cの場合

 

 

動画で詳しく解説↓

 

 

 

 

 

スケールに関しては、ルートの位置をそのまま平行移動すれば移調となります。

例)ルートの位置をD(レ)に持って行けば、Dメジャースケールとなります。

 

この辺りが、ピアノなどの鍵盤楽器と比べると簡単にできる便利なところですね。

是非しっかりと覚えて下さいね!

 

hide(栄)も利用してる通販サイトです!


よく読まれている関連記事!

-音楽で役立つ知識!
-, , , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&WEBマーケティングのビギナーズラック) , 2021 All Rights Reserved.