音楽の魅力!(楽しみ方)

Disturbed(ディスターブド)の音楽性とギターの使用機材!

更新日:

ギター初心者

 

Disturbed(ディスターブド)の音楽性とギターの使用機材!

 

2,000年以降にメジャーデビューをして、ファーストアルバムがヒットして一気に世界的に有名になったディスターブド。

出すアルバムは全てミリオンヒットセラーを記録し、ライブパフォーマンスと演奏力にも定評があった。

 

今回は、そんなディスターブドの音楽性とギターの使用機材などを紹介します。

 

音楽性!

 

メタルの帝王であったオジー・オズボーンから「メタルの未来!」と称賛を与えられた程に高いカリスマ性と演奏力があるバンドです。

1番の魅力は、やはりヴォーカルのデイヴィッド・ドレイマンの高い歌唱力だと思います。

 

そして、歌を支えるバックの楽器隊の演奏力も高いです。

ギターリフを中心とした重低音の効いたアグレッシブな楽曲が中心ですが、メロディーが非常にキャッチーで耳に残りやすいです。

 

端的に説明した動画はこちら。

 

 

 

残念ながら2,011年にバンドは無期限の活動休止宣言をして一時期休みましたが、今は再始動しました。

 

使用機材!

 

ギターテックの人がギターの使用機材を紹介している動画を添付します。

 

 

 

 

ギターは、シェクターから自身のモデルを作ってもらっていますが、レコーディングではギブソンのレスポールがメインギターです。

アンプは、ランドールを使ってることで有名ですね。

 

エフェクターは、思ったよりも多く繋いでるようです(笑)。

 

最後に1曲だけオススメの曲を紹介します。

 

Stricken:

 

 

 

個人的に大好きな曲で一時期ヘビーローテーションで聴いていました。

「ギターリフ良し、歌メロ良し、ギターソロ良し」とすごくバランスの良い曲です。

この伸びやかでパワフルなボーカルの声質は、北米圏で好まれる傾向があるんですよね。

 

hide(栄)も利用してる通販サイトです!


よく読まれている関連記事!

-音楽の魅力!(楽しみ方)
-, , , , , , , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.