オンラインギターレッスン!

コードストロークの基本!

更新日:


ギター初心者

 

コードストロークの基本!

 

よくアコースティックギターを弾く時(弾き語り)に出てくる奏法としてコードストロークがありますが、普通にエレキギターを弾く時にも使います。

少し似たような表現としてカッティングがありますが、根本的には同じですが、表現のニュアンスが少し異なります。

 

イメージとして...

 

・コードストローク(弾き語り系)

 

⇒ローコードを使い、ミュートやブラッシングなどはあまり入れずに、ジャカジャカとかき鳴らすイメージ。

 

・カッティング

 

⇒色んなコードフォーム(テンションコード等)を使い、ミュートやブラッシングを入れて、リズムにアクセントを付けたり、音のバランスの強弱や抑揚を表現するイメージ。

 

当然のことながらカッティングの方が、テクニック的にも難しいですし、音楽的にも奥が深いです。

今回は、まずは基本奏法の1つとして、コードストロークの基本について解説します。

 

コードストロークをやる際のポイント!

 

【コードストローク時のピッキングのコツ】

 

1、腕と手首全体にあまり力を入れずにリラックスした状態でピッキングをすること。(力を抜くこと)

 

2、空ピッキングを入れて、音量のバランスやばらつきなどをできるだけ均等にすること。

 

3、小節のアタマの部分のリズムのアクセントをしっかりと意識すること。

 

動画で詳しく解説!

 

視覚的にわかりやすいように動画を撮影したのでこちらをご覧ください。

 

 

 

 

練習フレーズとして使っているコードは、シンプルなローコードのCコードです。

空ピッキングを入れたダウン&アップのオルタネイトピッキングで弾いています。

ギターを弾く際の基本部分になるので、手首に力が入りすぎないように意識して弾いてみて下さい。

 

まとめると...

 

・コードストロークは、開放弦を多用したローコードで使うことが多く、弾き語りなどで重宝される。

 

・リズムパターンによっては、空ピッキングを使ったオルタネイトピッキングをし、リズムをキープすること。

 

・手首全体をリラックスさせて力を抜いた感じでピッキングをすること。

 

いかがでしたか?

 

アコースティックギターでもエレキギターでも使える基本テクニックの1つなので、力を入れないでギターを弾く感覚を早くから身に付けてほしいと思います。

 

ご案内!

こちらの記事も併せてお読み下さい!

GHCネットとは!?

また、ギターや音楽関連に関する動画を随時配信してるので、You Tubeのチャンネル登録をお願いします。

よく読まれている関連記事!

-オンラインギターレッスン!
-, , , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.