音楽の魅力!(楽しみ方)

心の闇と戦い続けたカリスマ、チェスター・ベニントン!

更新日:

チェスターベニントン

 

リンキンパークのメインヴォーカルとして、2000年代以降にメジャーデビューをし、瞬く間にスターダム街道を突っ走ったチェスター・ベニントン。

残念ながら音楽で達成した栄光とは裏腹に子どもの頃から抱えるトラウマや闇に蝕まれてしまい、2017年7月20日に自ら命を絶ってしまいました。

 

Linkin Park(リンキンパーク)の音楽性とオススメ曲!

 

過去のトラウマなどを歌詞に書き、自身の内面に抱えた怒り・憤り・空虚感などをバンドのサウンドに乗せて多くのファンの共感を得ていました。

しかし、チェスターが抱えていたものは、あまりにも大きく彼自身はその重みに耐えられなかったようです。

 

幼少期のトラウマと戦い続けた男!

 

メジャーデビューしたての頃からチェスター自身は、子どもの頃に虐待を受けていたことや、アルコール中毒になっていた過去を赤裸々に語っており、デビュー時期には現在進行形で薬物中毒に悩まされていると言っていて、私は強烈に印象に残っていました。

 

 

 

子どもの頃に受けた虐待などは、多感な少年期に多大な影響を及ぼし、その心の痛みから逃げるためにアルコールや薬物に手を出すケースはアメリカではよく聞く話です。

 

音楽性!

 

グランジロックやオルタナティブロックを好み、ヘヴィーで重たいサウンドにメロディーと歌詞をつけることに長けています。

そして、ずば抜けた歌唱力(シャウト)を武器に、ヘヴィーロック、バラード調の曲など「静と動」「陰と陽」を巧みに使い分けて絶大な人気を集めました。

 

バンドメンバーの立ち位置としては、多くの曲を作った天才マイク・シノダの音楽性や原曲を大事にしながら、自身のカラーを混ぜ合わせた感じのアプローチでした。

 

オススメ曲!

 

チェスターの心の闇や葛藤を描いている曲にフォーカスします。

 

Numb:

 

 

 

 

歌詞の内容は、リンキンパーク和訳と検索すると出てきます。

この曲は恐らく別れた父親との関係性を描いていると思われます。

 

Somewhere I Belong:

 

 

 

 

この曲なんかは本当に胸が痛む歌詞ですよね。

サビではひたすら「俺は癒されたい」と...

バンドという居場所を見つけられたとは思いますが、チェスターの心の叫びが曲を輝かせています。

 

Breaking The Habit:

 

 

 

 

アルコール依存症? 薬物を断ち切りたい!?

この歌詞は聞き手の想像を色々掻き立てるものがあります。

 

サウンド的には、ヘヴィーでラウドなものから少し幅を広げた時期のものです。

残された他のメンバーのことを思うとかわいそうだし、身勝手に自殺をしてしまったチェスターはある意味では、今後の活動のメドが立たないリンキンパークを殺してしまいました。

 

Linkin Park(リンキンパーク)は活動を続けるのか!?それとも解散するのか!?

 

とくにアメリカでは最近ミュージシャンたちの「自殺」行為が目立つ傾向にあるので、活動と休息を上手い具合に入れて、心の安定を促せる環境だったりレコード会社側の配慮とかも必要な気がします。

 

リンキンパークの楽曲はAmazon Music Unlimitedでも聴けます!

 

Amazon Music Unlimitedは、6500万曲以上の楽曲を月額780円聴き放題できる音楽配信サービスです。

 

Amazon Music Unlimitedを無料で試す

 

リンキンパークの曲は、サウンドはラウドで重厚な感じですが、とてもキャッチーで聴きやすいです。

チェスターの人生感と歌詞の内容も結構リンクしているので、その辺りも感じてほしいと思います。

 

よく読まれている関連記事!

-音楽の魅力!(楽しみ方)
-, , ,

Copyright© GHCネット(ギター&WEBマーケティングのビギナーズラック) , 2021 All Rights Reserved.