基本テクニック集!

スライドのやり方とポイント!

更新日:


ギター初心者

 

スライドのやり方とポイント!

 

ギターの弦の上を滑らせるようにして表現するテクニックのスライド。

この奏法は、ピアノや管楽器などの他のメロディー楽器では表現できない、ギター独特の表現ができる奏法の1つです。

 

今回は、スライドの基本的なやり方やポイントに関して説明します。

 

スライドの基本!

 

例)3弦5フレットから7フレットまでをスライドする場合。

 

①3弦5フレットを人差し指で押さえて、ネック側に少し押しつけたまま、平行に指を滑らせて、3弦7フレットまで人差し指を移動すること。

 

②音が途中でブツ切りしないように、フレット間の移動をスムーズにすること。

 

簡単だけど、奥が深いテクニック!

 

スライド奏法自体は、別に難しくはないかと思います。

そして、ギターソロ以外にもコードバッキング(伴奏)でも使うことがあるので、一通り全ての指でスライドができるように練習をしておきましょう。

 

スライドを多用して、超一級品の表現力の持ち主と言えばやはりスティーブ・ヴァイです。

 

オンラインギターレッスン

 

 

彼の場合は、ギター全体のテクニックもかなりすごいですが、スライドの使い方や表現力はとくに群を抜いています。

 

動画で詳しく解説!

 

 

 

 

 

視覚的にもわかりやすいように、動画を撮影したのでこちらもご覧下さい。

 

hide(栄)も利用してる通販サイトです!


よく読まれている関連記事!

-基本テクニック集!
-, , , , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.