オンラインギターレッスン!

ギターの基本のメジャースケールをマスターしよう!

更新日:


ギター初心者

 

ギターの基本のメジャースケールをマスターしよう!

 

メジャースケールとは、シンプルに「ドレミファソラシド」の計7音のことをいいます。

音楽をやる上で全てのスケールの基本となっている重要なスケールです。

 

メジャースケールの構成音!

 

例)Cメジャースケールの場合。

 

1度 ⇒ C(ド)

2度 ⇒ D(レ)

3度 ⇒ E(ミ)

4度 ⇒ F(ファ)

5度 ⇒ G(ソ)

6度 ⇒ A(ラ)

7度 ⇒ B(シ)

 

となります。

 

メジャースケール(Major Scale)

 

またコードトーン+テンションノートを足したものがスケールになるので、Cメジャーコードと関連づけると度数との関係性も理解しやすくなってきます。

 

各音のインターバルは!?

 

「全全半全全全半」…これを呪文のようにまずは覚えて下さい(笑)。

 

・全音は、ギターで言うと、2フレット分になります。

・半音は、ギターで言うと、1フレット分になります。

 

これを踏まえた上で言うと、ドとレの間は、全音階(ぜんおんかい)となり、ミとファの間は、半音階(はんおんかい)となります。

 

5つの代表的なメジャースケールのポジションを覚えよう!

 

Key=Cの場合

 

 

 

 

 

使用頻度の高い5つのメジャースケールの説明とポジションの解説をしています。

実際に弾いてみてスケールの明るい響きや指板上のポジションなどを徐々に覚えていって下さい。

 

また、メトロノームを活用した具体的な練習法も説明しているので、実践的かと思います。

動画なので、視覚的にもわかりやすいかと思うので、活用してみて下さい。

 

//  ギター初心者が途中で絶対に挫折しないための3つのヒント! ギターを練習していると誰でも思うように弾けなかったり、1つのテクニックやほんの数小節のギ...

 

よく読まれている関連記事!

-オンラインギターレッスン!
-, , , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.