オンラインギターレッスン!

【毎日実践】マイナーコードと連動させた運指練習!

投稿日:




運指練習(フィンガリング)

 

ギターのフィンガリングを鍛えるためにやる練習として代表的なのが、クロマティックスケールメジャースケールなどがあります。

指ならしやウォーミングアップとしてもこれらの一般的なスケール練習は効果があります。

 

//  ギター初心者向けにリードプレイ(単音弾き)を弾く際の運指練習(フィンガリング)の超基本を紹介します。メロディーラインを弾くこと自体は楽しいことですが...

 

ただ少し機械的な練習のイメージも払拭できません。

 

ギターのコードとスケールは密接関係にある

 

当たり前の話ですが、コード(和音)とスケール(音階)は切っても切れない関係であり、いかに頭の中できれいに整理するかがアドリブだったりフレーズを作る際に活きてきます。

 

今回は、マイナーコードとマイナースケールを取り上げて、左手の運指も劇的に鍛える練習方法を紹介したいと思います。

 

コードと連動させた運指練習!

 

練習メニューとして、5弦ルートのBm7を押さえてマイナースケールを弾きます。

 

(パターン1)

 

 

1、2弦上にあるマイナースケールを使った6連符のフレーズです。

ここでフィンガリングを効率的に鍛えるために大切なポイントとしては、4弦4フレット上に押さえていた薬指は指板上から離さないままで上記のフレーズを弾くことです。

 

(パターン2)

 

 

1、2弦上のマイナースケールで運指のパターンが変わり、8分音符のフレーズです。

こちらも同様に4弦上に押さえている薬指はそのままで練習して下さい。

 

動画で解説!

 

手書き感満載でわかりにくいと思いますので、実際の練習メニューを動画でご覧ください。

 

(パターン1)

*撮影モードを「自撮り」で録画したため反転していてすいません(汗)

 

 

コードがBm7からスタートして、Dm7→Fm7→A♭m7と1音半づつ(3フレット分)上昇していきます。

ピッキングはオルタネイトピッキングで弾きます。

 

(パターン2)

 

 

こちらも同様のコード進行で上がっていきます。

 

マイナーコードとマイナースケールの位置関係も意識しながら練習するとさらに効果的です。

最初は少し指がぎこちないかと思いますが、毎日やると各指がすごく鍛えられます。

 

まとめ!

 

・練習前のウォーミングアップとしては、クロマティックスケールやメジャースケールを活用した運指練習は効果が高い。

 

・コードとスケールは密接関係にあるので、頭の中でしっかりとリンクさせることが大事。

 

いかがでしたか?

 

こういったフィンガリングを鍛える練習メニューとしては、エレキギターよりもアコースティックギターを使うとさらに効果的です。

 

ご案内!

こちらの記事も併せてお読み下さい!

GHCネットとは!?

また、ギターや音楽関連に関する動画を随時配信してるので、You Tubeのチャンネル登録をお願いします。

よく読まれている関連記事!

-オンラインギターレッスン!
-, , ,

Copyright© GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.