ギタリストの思考!

ギターが上達する原因を作ることが大事!

更新日:


ギター初心者

 

ギターが上達する原因を作ることが大事!

 

以前書いた記事で、「自分が理想とするギタリスト像を明確にすることが大事!」とお伝えしました。

 

//  効率的にギターを上達させるには理想像を明確にすること! 音楽とは全然関係のない分野で借りた本でしたが、読んでいてすごく感銘を受けた箇所があります...

 

そして、理想像を明確にしたら次に進むプロセスとして…

 

原因があって結果がある!

 

自分が望む理想像や目標に向けて決意をしなければなりません。

では何に対して決意をするのか?

 

「望む結果ではなく、それを得られる原因に決意をしなければならない!」

 

原因…? 「は?」 と思うかもしれません。

 

しかし、しかるべき原因があれば、ロックスターになれるし、一流のソングライターにもなれるし、アマチュアとして趣味で楽しく演奏することもできると思います。

そして、作る原因の項目としては…

 

・毎日最低3時間以上はギターの練習をする。

 

音楽理論や作曲の勉強をする。

 

・パフォーマンス力が高いアーティストのライブやDVD等を見て研究する。

 

・地道なスケール練習や基礎練習を徹底的にやる。

 

・ギター以外にも他の楽器のアレンジとかも考えるクセをつける。

 

・沢山の映画や音楽を見たり聴いたりして感性を磨く。

 

などなど。

 

数を挙げるとキリがありませんが、他にも様々な原因があると思います。

そして、ここからが大切になってきますが、これらの原因を作ることは難しいです。

 

上達する原因を作ることは難しい!

 

継続的に努力する力と強い精神力と時間が必要です。

気分や調子が悪い時もあると思います。

だからこそ、決意をしなければなりません!

必要な行動を取れるように決意をする。

原因があるから必ず結果が後からついてくる。(因果応報の法則です)

 

オンラインギターレッスン

 

結果のサイクルがある!

 

「選択は行動を生み出し、行動は結果を生み出す!」

しかし、最初の選択を生み出すものは一体何だろうか?

 

それは、日頃の想い(パッション)である。

想い→選択→行動→結果

 

イギリスの作家サミュエル・スマイルズからの言葉の引用です。

 

想いの種を蒔き、行動を刈り取り、行動の種を蒔き、習慣を刈り取る。

習慣の種を蒔き、人格を刈り取り、人格の種を蒔き、人生を刈り取る。

 

非常に深い詩だと思います。

日頃の想いに注意すること!

 

引き寄せの法則!

 

綺麗なメロディーや音楽、一流の音や演奏を沢山自分の中に入れること。

自分が理想とするアーティストや憧れの人のインタビュー記事や、それまでの人生の過程を辿ったストーリーなどで参考になることは全て実践すること。

 

そうすれば、それに合致した行動を取れるようになり、自分の夢が達成される道を歩けると思います。

いわゆる「引き寄せの法則」です。

 

ここで1つ自分自身で考えてほしいことがあります。

 

「どんなギタリストになりたいですか?」

 

そして、「それを成し遂げる為には何をしなければいけないでしょうか?」(できるだけ具体的に)

 

「望む結果を得る為に作っておかなければならない原因(想いや行動)は?」

 

是非一度真剣に時間を取って考えてみてほしいと思います。

 

この作業は、多くのギタリストがやらないことだと思うので、これらを深く考えて明確にするだけで、それだけでも他の人とは違う行動が取れるようになり、自ら練習することの意義を見出すことが出来ます。

 

私も、ギター初心者だった頃は、そんなに深くは考えなかったので、その日の気分や調子に左右されてしまい、かなり遠回りをしてしまいました。

このブログを読んでる方には、そんな遠回りをしてほしくはないと思っているので、一度考えてみて自分なりの答えを出してみてほしいと思います。

 

hide(栄)も利用してる通販サイトです!


よく読まれている関連記事!

-ギタリストの思考!
-, , , , , , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.