ギター機材の使い方!

ギター初心者が最初に揃えるべき7つの必要機材!【保存版】

更新日:


ギター初心者

 

あなたは、最初にギターだけを購入すればいいと思ってはいませんか?
しかし、アコースティックギターとは違い、エレキギターの場合はもう少し必要な機材があります。

ギターを始めた頃が1番モチベーションが高く、ワクワク感と好奇心もあります。

その高いやる気などを維持するためにも練習時間と必要な機材があります。

 

今回は、ギター初心者が最初に買い揃えると、練習する際に便利な7つの必要機材を紹介します。

最初にこれだけでも揃えておけば挫折率を低く抑えて、楽しいギターライフを送れると思います。

 

最初に揃えてしまうと便利な機材!

 

それでは順番に紹介していきます。

 

1、ギター

 

まずは、何と言ってもギター本体です。

価格的には、最初は中古品でも良いので、1万円~3万円以内の物を選ぶのが気軽にスタートできます。

 

 ギターを始めたばかりの人や、初心者の方からよく聞かれる質問の1つに、「いくら位のギターを買うのがいいですか?」というギター本体の価格について、聞かれることが多いので、個人的な見解を踏まえて説明していきたいと思います。 結論から言えば…。 ギターを始めたばかりの人や、趣味で音楽を楽しむ程度にギターを弾いてる人達に関しては、人それぞれ懐事情は異なるかと思いますが、あくまでも目安として、上限8万円以内のギターで最初は十分だと思います。 いきなり、高価なギブソンのレスポールや、フェンダ...

 

ルックス重視でもいいので、持ってたらかっこいいと思う気分が上がりそうなギターを選びましょう!

 

2、ピック

 

エレキギターを弾く際には必ず必要になるピック。

種類や材質も沢山ありますが、最初は100円位のピックで、オーソドックスにミディアム・おにぎり型がおすすめです。

 

 「どんなタイプのピックを使えばいいんですか?」と言う質問もギター初心者の方からよく聞かれる質問の1つです。 ギターのピックは、厚さや硬さや形状、材質など、選択肢はとても多くて種類も豊富にあります。結論から先に言ってしまうと、人の好みなので、自分の弾きやすい好きな物を選んで使えばいいと思います。 ただ、ギター初心者の人や、まだ自分の好みなどが定まっていない人の為に、あくまでも主観的な意見ですが、音の傾向や弾きやすさなどを踏まえて紹介していきたいと思います。 ピックの硬さの違い!...

 

3、シールド!

 

シールドとは、ギターとアンプとをつなげる際のケーブルのことです。

これがないと音が出ません。

最初は、メーカーや音質の違いや好みがわからないと思うので、耐久性が良くお値打ちな物を選びましょう。

価格の目安としては、3000円以内の物で十分です。

 


 

4、アンプ!(ミニタイプ)

 

ギター初心者の方でアンプを買わない人も結構いたりしますが、アンプは絶対に必要です。

単純に大きい音を出してまずは、「楽しむ!」ことも大事ですが、それ以上に普段から生音で弾く感覚と、実際にアンプを通して弾く感覚は異なります。

なので、早いうちからそのギャップは練習で慣れて克服してしまいましょう!

具体的に言うと…

 

1)ノイズの処理(ミュートなどでの消音)

 

2)ピックアップセレクターの切り替えをして、それぞれのピックアップの音の特徴をつかんで実際に試してみること。

 

3)トーンコントロールノブも実際にいじってみて、自分がどういうギタートーンだと気持ちの良い音と感じるのかを確かめてみることです。


 

5、チューニングメーター!(チューナー)

 

チューナーも必須アイテムです。

ギターを弾き始めた頃は、耳を頼りにギターのチューニングをしっかりと合わせることは難しいので、安くてもいいので購入しましょう。

今のスタンダードは、ヘッドに付けるクリップ型です。


 

6、メトロノーム!

 

多分、ギターを弾き始めて半年とか1年以上弾いてる人の中でも持っていない人はいると思います。

しかし、効率良くギターを上達させたり、早い段階でリズム感を鍛えることはとても大切なことです。

 

短い練習時間でも練習の密度が違ってきますし、メトロノームに合わせて練習することを怠ると後々ですごく苦労をしてしまいます。(私はかなり苦労しました(笑))

しかもメトロノームなんかは、1500円程度でも購入できるので、効率よく早く上達したいと思うなら絶対に買っておくべき機材の1つとなります。


 

7、ギターの弦!

 

最初にギターを買った時には弦が元々張ってあるかとは思います。

しかし、楽器店とかで買う際は恐らく何人もの人が試奏をしていたり、弦も張り替えてからしばらくは経過していることがほとんどです。

 

なので、おすすめのやり方としては、ギターを買うのと同時にギターの弦も一緒に購入し、店員の方に買ったばかりの新しい弦に張り替えてもらうことです。

同時に、弦交換のやり方なども教えてもらっておくと後々で役に立ちます。

 

はっきり言ってギターの弦は消耗品なので、月に1回位のペースで張り替えるのがベストです。

ちなみに私のおすすめは、エリクサーです。(特別にコーティングされているので、耐久性に優れています)


 

まとめると...

 

1、ギター

 

2、ピック

 

3、シールド

 

4、アンプ

 

5、チューニングメーター

 

6、メトロノーム

 

7、ギターの弦

 

以上の7つの必要機材を最初に買い揃えておけばひとまずは大丈夫です。

 

機材を揃えると練習も楽しくなりますし、最初に機材を買い揃えたという優越感や満足感もあります。

金額的にも少し先行投資をした感覚もあるので、簡単にはギターをあきらめたり・辞めたりはしない環境作りや、高いモチベーションにもなると思います。

 

機材の選択で悩んだりしたら、楽器屋の店員さんに質問すれば色々とアドバイスをくれると思います。(聞かない方が損ですよ!)

何かの参考になれば幸いです。

 

よく読まれている関連記事!

-ギター機材の使い方!
-, , , , , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&WEBマーケティングのビギナーズラック) , 2021 All Rights Reserved.