※アフィリエイト広告を利用しています

ギター機材の使い方!

半音下げチューニングのやり方!

更新日:

チューニング

 

半音下げチューニングは、ハードロック、ヘヴィーメタル、ファンク、ミクスチャー系などの音楽ジャンルで使うことが多いですし、1980年代~90年代頃は、流行りの傾向もあり多用されたチューニングの方式でした。

 

今回は、半音下げチューニングのやり方を解説します。

まずはその前に…。

 

半音下げの音程の基本!

 

1弦 ⇒ E♭

2弦 ⇒ B♭

3弦 ⇒ G♭

4弦 ⇒ D♭

5弦 ⇒ A♭

6弦 ⇒ E♭

 

となり、ギターの構造上、弦のテンションが少し緩くなります。

 

半音下げチューニングを使うアーティスト!

 

やはりハードロックやヘヴィーメタル系のバンドが多く…

 

海外アーティスト

 

ガンズ&ローゼス、イングヴェイ、スティーヴィー・レイ・ヴォーン、エクストリーム、メタリカ、モトリークルー、AC/DC辺りが有名です。

 

国内アーティスト

 

XJAPAN、SIAM SHADE、ジャンヌダルク、ラウドネス等。

 

チューニングのやり方に関しては、音叉などで対応することができないので、チューニングメーター(チューナー)を使います。

 

動画で詳しく解説!

 

 

 

 

視覚的にわかりやすいように、動画を撮影したのでこちらをご覧下さい。

別にやり方は難しくはないかと思います。

バンドあるあるとしては、ヴォーカルの人が昔は出ていたキーが年々出なくなってきて、ライブなんかでは半音や全音下げるケースはよくあります。

 

レギュラーチューニングのやり方!(チューナー編)

 

広告

よく読まれている関連記事!

-ギター機材の使い方!
-, , , , , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&WEBマーケティングのビギナーズラック) , 2024 All Rights Reserved.