ギターヒーロー特集!

【悲報】アレキシ・ライホ死去!

投稿日:

アレキシライホ

 

メロディックデスメタル・バンド、チルドレン・オブ・ボドムの元ギターヴォーカルであった、アレキシ・ライホが突然亡くなりました。(享年41歳)

死因は現在判明されていませんが、近年健康問題を抱えていたと声明文がありました。

確かにここ数年は、ファンも心配する位に激やせしていましたし、顔色も悪い感じでした。

 

 

今回は、彼のこれまでの功績と歩みを簡単に紹介します。

 

10代の頃から完成されていたギターヒーロー!

 

1993年に前身バンドである、インアースドを地元フィンランドの学校の友人同士で結成。

中心人物は、ギターのアレキシ・ライホとドラマーのヤスカ・ラーチカイネン。

それ以外のメンバーは、流動的に変更しながら後にバンド名を「チルドレン・オブ・ボドム」に改名。

 

 

1997年にバンドはメジャーデビュー。

当時18歳だったアレキシ・ライホは、デビュー当初から新時代のギターヒーローとして、注目を集めていました。

 

その後も着々と音楽キャリアを重ね、ワールドツアーやヘヴィーメタル系のフェスなどに参加し、パフォーマンス力を磨きながらバンド名を広めていきました。

2000年代以降は、某ギター雑誌の人気企画「人気ギタリストランキング」でも1位の座を何度も獲得した程に、多くのギタリストたちの憧れの的となりました。

 

卓越したテクニックを持ち、破天荒な性格だったアレキシ・ライホ!

 

アレキシ・ライホのプレイの特徴は、「画に書いたような典型的なギターヒーロー像」であり、速弾き・ライトハンド奏法・スウィープピッキングなどテクニカルな奏法を得意としています。

しかもそれを本人は、歌を歌いながら演奏してしまうので、最初に彼を見た時の衝撃度は半端なかったです。

 

アレキシ・ライホのギタープレイと使用機材!

 

そして、性格は破天荒でやんちゃ坊主って感じで、ライブ中は派手に動き回るし、ファックワード連発なMCで観客を煽るし、終いにはステージ上で生肉を焼き、それを客席に投げたりもしていました(笑)。

同時にプライベートでも酒を飲みながらやりたいように遊ぶので、よくケガをしましたし、骨折をしてライブ自体をキャンセルにしたことも何度かあります。

 

ただその奔放な明るい性格が彼の持ち味でしたし、テクニカルギタリストにありがちな「プレイ重視」のあまり、ステージングがダサいということは、彼の場合は全くなかったです。

 

近年、バンド活動はあまり上手くいってなかった...

 

母体である、チルドレン・オブ・ボドムは、2019年12月にメンバー3人が脱退してバンド名の商標権利も持っていきました。

当時、メンバー側から具体的な説明はされませんでしたが、メンバー間に何らかの亀裂が生じたことは容易に想像がつきます。

 

2020年3月に新バンドである、ボドム・アフター・ミッドナイトを新しいメンバーを迎えて結成しましたが、アルバムのリリースや表立った活動の進捗はわからないまま今に至りました。

 

バンドのロゴやイメージとしてよく使っていた「死神」に最後は身も心も持っていかれたのかもしれません。

ご冥福をお祈りいたします。

 

よく読まれている関連記事!

-ギターヒーロー特集!
-, , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&WEBマーケティングのビギナーズラック) , 2021 All Rights Reserved.