ギターヒーロー特集!

デレク・トラックスのギタープレイと使用機材!

更新日:

デレクトラックス

 

現代の世界3大ギタリストの1人として最も若いのに円熟味を帯びたような渋いブルースギターを得意としているデレク・トラックス。(以下:デレク)

 

 以前、記事に書いた「世界3大ギタリスト」に引き続き今回は、現代の世界3大ギタリストと呼ばれる人達に関して紹介したいと思います。  現代の世界3大ギタリストとは、ジョン・メイヤー、デレク・トラックス、ジョン・フルシアンテの3名です。 音声動画はこちら。  ジョン・メイヤー! この3人の中では、1番女性からの人気が高く、彼自身も今までに有名女優や大物アーティスト達と何度もゴシップネタで世間を騒がせているイケメンミュージシャンです。  「ルックス良し、歌上手い、ギタ...

 

10代の頃から注目されており、スライドギターの腕前と表現力は世界ナンバー1と言われています。

 

今回は、「スライドギターの名手」と称えられているデレク・トラックスのギタープレイと使用機材を紹介します。

 

デレク・トラックスのギタープレイ!

 

デレク・トラックスはピックを一切使わずに、フィンガーピッキングとスライドバーを使って多彩なブルースを演奏することが最大の特徴です。

しかもエフェクターも使わずにアンプ直のサウンドでやる点も他のギタリストとは大いに異なります。(自信と高い技術がないとなかなかできません)

 

そして、ミュージシャンとしての耳と感性(センス)が抜群にあり、アドリブソロの展開もちょっと想像がつかないようなスリリングな展開だったり、デレクにしか表現できないような独特なギタートーンを持っています。

 

使用機材!

 

デレク本人が自身の使用機材を紹介しているのでその動画を添付します。

 

 

 

 

ギターは、昔からギブソンのSGタイプを使用しています。(注:デレク本人は1961年のヴィンテージギターを使用しています)

 


 

アンプは、AlessandroのAZZにフェンダーのスーパーリバーブを使っています。

 


 

エフェクターは、ディレイを味付け程度にかましてるだけです。

あとは、ガラス製のスライドボトルがあれば理論上ではデレクと同じセッティングにはなりますが、デレクと同じようなサウンドはなかなか出せないと思います。

 


 

指とフィーリングで奏でるサウンドが大部分を占めているからです。(練習するしかありません)

 

現在彼が所属しているバンドである、テデスキトラックスバンドのオススメ曲を紹介します。

 

Midnight in Harlem:

 

 

 

浮遊感漂うバラード曲です。

ギターのフレーズの感覚が普通のギタリストとは一味も二味も違います。

 

ちなみにバンド内のヴォーカリストの方は彼の奥さんです。

 

音声動画はこちら。

 

 

デレク・トラックスが影響を受けたもの!

 

デレクのプレイの特徴であるスライドギターを始めたきっかけとなったデュアン・オールマンのプレイスタイルは直系で引き継いでいます。

あとは、ジャズからの影響も受けており、ジョン・コルトレーンやマイルス・デイヴィスの曲やフレーズは相当練習してきたと公言しています。

 

エフェクターを使った歪みサウンドは好きではないらしく、アンプから出る自然なクリーントーンを最大限生かしたプレイに従事しています。

ギターを弾く姿が、クールでいつも冷静に淡々とギターを弾いているので、同世代のミュージシャン達と比べると、かなり大人でベテランミュージシャンのようなオーラを既に放っています。

 

デレク・トラックスの楽曲はAmazon Music Unlimitedでも聴けます!

 

Amazon Music Unlimitedは、6500万曲以上の楽曲を月額780円聴き放題できる音楽配信サービスです。

 

Amazon Music Unlimitedを無料で試す

 

神童と言われ、天才的なギタープレイを披露してくれる大人な雰囲気の音楽をこの機会に聴いてみて下さい。

 

よく読まれている関連記事!

-ギターヒーロー特集!
-, , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&WEBマーケティングのビギナーズラック) , 2021 All Rights Reserved.