GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック)

エレキギターの上達×コンテンツマーケティング

*

SUGIZOが語るエフェクターとは!?

      2016/08/19


SUGIZO

 

SUGIZOが語るエフェクターとは!?

 

今や自身のバンドであるLUNA SEA(ルナシー)での活動以外にも亡くなったhideの後任ギタリストしてX JAPANでも活動をしているSUGIZO。

幼い頃からクラッシック音楽の英才教育を受けており、ヴァイオリンも弾けるため彼のプレイスタイルは特別な個性があります。

 

楽曲作りや、ギターとエフェクターなどの機材などに関しても強いこだわりがあるので、ライブ中に機材トラブルなどがあると、演奏中でも関係なくぶちキレてギターをぶん投げて壊したりして、スタッフに怒るシーンなんかもよく目にします(笑)。

 

まあそれだけ音楽に対しては、ピュアな気持ちとプロ意識が高いことで有名なアーティストです。

 

SUGIZOにとってエフェクターとはどんな存在なのか?

 

ギターマガジンのインタビュー記事を抜粋します。

 

僕にとってエフェクターという存在は絵の具なんですよね。

アンプ直のシンプルなサウンドはもちろん大切なんですが、自分のギタースタイルには絵の具がたくさん必要なんです。

なので、僕は常に新しい絵の具を探しているんですよ。

 

新しい色を創造することを人生の指針にしている職人って、僕らギタリストからしたら、いてもらわないと困る。

そういう伝統が尻すぼみしていくことなく、重要な伝統にさらに磨きをかけて成長させていってほしいと思いますね。

その中で生まれてきたまだ見ぬ色を僕はどんどん使いたいので、新たな作り手に期待したいです。

音楽家の創造力を刺激してくれるアイテムってすごく素敵だと思いますから。

 

なんかSUGIZOっぽい詩的な解釈ですね。

 

どんな機材を使ってる?

 

SUGIZOのメインギターは、ESPから自身の好みのモデルをLUNA SEAの初期時代から作ってもらっています。

最近の音の好みとしては、ヴィンテージのフェンダーストラト系に辿り着いたようです。

 

ギター初心者

 

エフェクターに関しては、はっきり言って膨大に使用しており要塞なので、ライブで瞬時に音を使い分けるようにラックシステムを組み立てるには、数100万位はお金がかかりますし、専門知識がないとできません。

 

なので、彼の機材の3種の神器だけを紹介します。

 

SUGIZOサウンドの中核は、何と言ってもTC Electronic社のTC2290のディレイです。

自身でも「TC2290の中毒患者!」と絶賛するほど長年使用している名器です。

 

あとは、ワーミーペダルとボリュームペダル。

これだけでは全然足りませんが肝はやはりディレイです。

 

SUGIZOサウンドの真骨頂と言える曲を紹介します。

 

「IN SILENCE」

 

 

 

 

すごく透明感があり美しく、多用的なギターサウンドが楽しめる名曲です。

色んな絵の具を使って美しい音楽(絵画)を奏でていますね。

 

hide(栄)も利用してる通販サイトです!


ご案内!

こちらの記事も併せてお読み下さい!

エレキギターで1番最初に覚えること!

また、ギターや音楽関連に関する動画を随時配信してるので、You tubeのチャンネル登録をお願いします。

 - 機材の使い方! , , , , , , ,

スポンサーリンク

広告

広告

      

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  関連記事

ギター初心者が最初に揃えるべき5つの必要機材!

  ギター初心者が最初に揃えるべき5つの必要機材!   あな …

フィンガリング(指)を鍛える道具をはじめて買ってみた!

  フィンガリング(指)を鍛える道具をはじめて買ってみた! &nbsp …

レギュラーチューニングのやり方!(チューナー編)

  レギュラーチューニングのやり方!(チューナー編)   ピ …

マルチエフェクターの利点と欠点!

  マルチエフェクターの利点と欠点!   以前、コンパクトエ …

半音下げチューニングのやり方!

  半音下げチューニングのやり方!   半音下げチューニング …

コンパクトエフェクターの利点と欠点!

    コンパクトエフェクターの利点と欠点!   …

人気ギターモデルTOP10!

人気ギターモデルTOP10!   クラッシック音楽の歴史や、ピアノやヴ …