音楽の魅力!(楽しみ方)

クイーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」が超楽しみ!

投稿日:




クイーン(Queen)

 

伝説のバンドである、クイーン(QUEEN)の実話に基づいた映画が11/9(金)に一般公開されます。

今は亡き、カリスマヴォーカリストであったフレディ・マーキュリーを中心にスポットを当て、各メンバーがいかにあのバンドをあそこまで大きくしたのかをストーリー化した映画として公開前から話題となっています。

 

 

 

クイーン(QUEEN)を簡単におさらい!

 

クイーン(Queen)は、イギリス・ロンドン出身の男性4人組ロックバンド。

 

1973年にデビュー。イギリス、アメリカ、日本をはじめ、世界中で成功したバンドの1つである。

これまでに15枚のスタジオ・アルバム、その他多くのライブ・アルバムやベスト・アルバムを発表。

現在の認定セールスでは、アルバムとシングルのセールスで世界第5位の3億枚を超え、「世界で最も売れたアーティスト」にも名を連ねている。

 

ウィキペディアより

 

音楽の特徴としては、今までの常識であった商業音楽の枠を超えて本当に何でもありな感じです。

「3分ソング」と呼ばれるラジオ向けなシングル曲が主流であった音楽業界に軽く5分を超えるような大作の曲を沢山作ります。

 

しかも途中で急展開する「オペラ」のコーラスが入ったり、シンプルなドラムだけの曲があったり、曲の転調や雰囲気がガラリと変わるのは当たり前のようにあります。

そして、極めつけは「俺はロックスターになりたいわけではないんだ、伝説になりたいんだ!」に代表されるフレディ・マーキュリーの個性と音楽センスが見事に融合している点です。

 

他のメンバーも楽器の演奏能力も高いし、音楽センスもありますが、どうしてもフレディと比較すると彼の言動とキャラクターの方が上回ってしまいます。

 

(function(i,s,o,g,r,a,m){i=r;i=i||function(){ (i.q=i.q||).push(arguments)},i.l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o);a.async=1;a...

 

どんな映画なのか!?

 

バンドの軌跡を辿った話ですが、完全な実話ではなく、映画が盛り上がるように設計されているようです。

なので、バンドの時系列も少し異なりますが、肝心な「音楽」に関しては現メンバーである、ブライアン・メイやロジャー・テイラーなどが監修しています。

 

また、中心人物であるフレディ・マーキュリーは、「光と影」が沢山ある人物であり、両性愛者とドラッグなどの闇の部分をどう映画の中では描いているかが気になります。

エイズに感染して合併症を引き起こして1991年に亡くなっていますが、どの辺りを映画のハイライトとして持ってきているのか!?

 

メイキング映像も公開!

 

本物のクイーンのメンバーと本当に似ています。

 

 

 

 

音楽映画を演じる役者は大変だと思いますが、ぱっと見た感じかなりいい雰囲気が出ています。

とくに大事なライブの演奏シーンとかで、イメージとかけ離れていると、映画の世界に入り込めなくなってしまうからその辺りはかなり努力をしてきたようです。

 

クイーンを知ったきっかけ!

 

個人的にクイーンの音楽をリアルタイムで聴いて育った世代ではありませんが、いわゆる好きなバンドのルーツを辿って大好きになったバンドの1つです。

エクストリーム(Extreme)のギタリストである、ヌーノ・ベッテンコートが好きなバンドとして挙げていて聴いたのがクイーンとの出会いのきっかけです。

 

最初は見た目のインパクトが強くてあまり好きではなかったですが、バラード曲を中心にその凝った曲のアレンジとフレディ・マーキュリーの歌唱力に徐々に惹かれていきました。

普段はあまり映画館に行って映画鑑賞をするタイプではありませんが、この映画は数ヶ月前に予告を見ただけで鳥肌が立ち、「絶対に劇場で見たい!」と思いました。

 

今年1番楽しみにしている映画です。

 

よく読まれている関連記事!

-音楽の魅力!(楽しみ方)
-, , ,

Copyright© GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.