ギターヒーロー特集!

カート・コバーンのギタープレイと使用機材!

投稿日:



カート・コバーン

 

カート・コバーンのギタープレイと使用機材!

 

ニルヴァーナのフロントマンであり、ギターヴォーカルとしてプレイしていたカート・コバーン。

ニルヴァーナは、デビューしてから瞬く間にスター街道を駆け上がり、グランジロックバンドのトップとして多くのファンを獲得しました。

 

しかし、ただのパンクロック少年が一気にロックスターとしてのし上げられ、本来の自分とのギャップにとくにカート・コバーンはもがき苦しみ、人気絶頂期の1994年に自らの頭を拳銃で撃ち自殺をしました。(享年27歳)

今回は、今は亡きカート・コバーンのギタープレイの特徴と使用機材を紹介します。

 

カート・コバーンのギタープレイ!

 

パンクとダークなヘヴィーメタルの要素を掛け合わせ、グランジロックというジャンルを作った立役者的な存在。

ギターのテクニックは荒削りな要素が前面にあり、正直なところあまり上手くはありません(笑)。

 

ただニルヴァーナの1つの大きな功績としては、80年代からしばらくは続いていたギタリストテクニカル主義の流れに終止符を打ち、新たなムーヴメントを巻き起こした点にあります。

もう感性とセンスのみで勝負をしている感覚でコード進行の流れや、ギターリフの作り方もめちゃくちゃですが、その暴力的なめちゃくちゃ感とポップなメロディーセンスを同時に持ちあわせていました。

 

端的に説明した動画はこちら。

 

 

 

使用機材!

 

ギターはフェンダーのジャガー。(左利き用)

 

Fender Kurt Cobain Jaguar Left-Hand 3-Color Sunburst カートコバーン ジャガー エレキギター 左利き レフトハンド 【フェンダー】

価格:197,100円
(2018/8/10 22:33時点)

 

 

アンプはマーシャルの1936が1番近いニュアンスです。(フェンダーやメサブギーも使ってましたが...)

 

Marshall JVM210H Stealth 1936 Stealth スタックセット 【ikbp5】

価格:297,000円
(2018/8/10 22:39時点)

 

 

BOSSのDS-1。(カートサウンドの肝です。)

 

BOSS DS-1X 新品 Distortion [ボス][DS1X][ディストーション][エフェクター,Effector]

価格:16,200円
(2018/8/10 22:47時点)

 

 

BOSSのDS-2。

 

ACアダプター付き【送料無料】BOSS ターボディストーション DS-2 TURBO Distortion ボスコンパクトエフェクター

価格:10,590円
(2018/8/10 22:51時点)

 

エレクトロハーモニクスのアナログコーラス。(クリーントーンのアルペジオなどで使用)

 

【新品エフェクター】electro-harmonix SMALL CLONE [33065]

価格:10,800円
(2018/8/10 22:56時点)

 

 

カート・コバーンのサウンドは、ノイズが少し出るくらいの爆音サウンドで思いっきりかき鳴らすことがポイントです。

 

ニルヴァーナのオススメ曲を紹介します。

 

Smells Like Teen Spirit:

 

 

 

 

もう定番中の定番ですがこの曲で一気に名前が世界的に売れましたからね。

やっぱり歌メロと声がいいですね。

 

Breed:

 

 

 

この曲の疾走感と爆発力もヤバイです!

ギターソロ!?のめちゃくちゃな感じとか当時真似した人とか多そうですね。

カートが左利きだからたまにジミヘンのシルエットと重なってしまいます。

 

ちなみにご存じの方も多いかと思いますが、ニルヴァーナのドラマーは、フー・ファイターズのギターヴォーカルであるデイヴ・グロールです。(今では人気実力共にニルヴァーナを超えた感もありますが...)

 

window.dataLayer = window.dataLayer || ; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA...

 

カート・コバーンが影響を受けたもの!

 

幼少期の頃は、大のビートルズ好きでそこが彼の音楽の原点です。

後は、ブラックサバスやレッドツェッペリンや初期のエアロスミスやソニックユースやセックスピストルズなどを好んで聴いており、そこからパンクロック×ヘヴィーメタルを掛け合わせるようになりました。

しかし、当時周りのみんながあまりにもきっちりとしたタイトなリズムのヘヴィーメタルばかりをやっていることに対して苛立ちを感じて、彼はファッション性も含めてラフな感じを好み、アンダーグラウンドな方向へ進んでいきます。

 

1stアルバムの「ネヴァーマインド」の制作時に、商業的に売れる要素を考えながら曲作りをしてそれが見事に大ヒットしてしまったが、彼自身はそのことで本来の自分とは違う虚像を作ってしまい、さらに拍車をかけるように連日メディアが追いかけてくる生活に嫌気がさしてきてしまう。

 

子どもの頃に両親が離婚したことでの精神的なショックや、学生時代に友人たちとも折り合いが悪かったことなども相成り、「怒り」や「寂しさ」などの吐け口として音楽を作っている感覚も曲を聴いていると伝わってきます。

 

聴いてきた音楽以外にも彼を取り巻く環境や、ライフスタイルの全てが、良い意味でも悪い意味でも彼の音楽を作る糧になっていたと思います。

 

よく読まれている関連記事!

-ギターヒーロー特集!
-, , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.