音楽で役立つ知識!

ドロップDチューニングのやり方と効果的な活用法!

更新日:


ギター初心者

 

ドロップDチューニングのやり方と効果的な活用法!

 

ドロップDチューニングとは、ギターの1番低い音の弦の6弦だけが、通常より1音低い音程のD音(レ)で合わせたチューニングのことを言います。

主にハードロックやヘヴィーメタルやグランジロックなどの音楽ジャンルで使うことが多いですが、アコースティックギターの弾き語りなどでも使うことはあります。

 

ドロップDチューニングの音程の基本!

 

1弦 ⇒ E

2弦 ⇒ B

3弦 ⇒ G

4弦 ⇒ D

5弦 ⇒ A

6弦 ⇒ D ← この音だけが、レギュラーチューニングとは違うだけ。

 

以上のようになり、6弦以外の音は通常のレギュラーチューニングと全く同じ音程です。

 

ドロップDチューニングのやり方!

 

わかりやすいように動画で解説します。

 

 

 

 

6弦だけを1音(2フレット分)下げればいいので、チューナーを使って「♭」のボタンを2回押してD音に合わせればいいだけです。

 

ドロップDチューニングを使うメリットと活用法!

 

通常のレギュラーチューニングとあまり違いがないですが、この変則チューニングを使うメリットをまとめてみたいと思います。

 

1)ローコード(低音)を1音下げることで、ヘヴィーで重たい雰囲気の曲を作ることが出来る。

 

2)パワーコード(1度&5度)を1本の指でバレーコードで簡単に押さえることが出来るので、横移動が激しいギターリフやバッキングプレイ(伴奏)などがやりやすくなる。

 

3)Dメジャーの曲や、Dマイナーなどのキー(音階)の曲が作りやすい。

 

個人的には、2と3の理由が大きいかと思います。

 

ドロップDチューニングを多用するアーティストやetc...

 

ギターリフなどの活用例などを動画で解説しています。

 

 

 

 

日本人でよくこのチューニングを使うのは、今は亡きギタリストである、元X JAPANのhideや、SIAM SHADE(シャムシェイド)やラウドネスなんかが使っていました。

 

海外のバンドでは、ヴァン・ヘイレン、パンテラ、Tool、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンやマリリン・マンソンなどがロック系の人ではよく使います。

アコースティックギターでは、ジョン・メイヤーがD音を上手く使ったコード進行を作ります。

 

とくにTool(トゥール)は、9割以上の曲でこの変則チューニングを使っており、非常に使い方も上手いので参考になるかと思います。

 

動画内で紹介した曲:AEnema

 

 

 

 

ソリッドなギターサウンドでシンプルなギターリフで耳に残りやすいです。

そして、Toolのプロモーションビデオは、基本的にどの曲も意味深な作りで不気味なことで有名です。

 

//  Tool(トゥール)の音楽性とギターの使用機材! 1,990年代にアメリカで結成された4人組のバンドであり、たった数回のライブをやっただけで、そのあまりの...

 

ギタリストやベーシストにとっては、簡単で便利なチューニングの1つなので是非活用してみて下さい。

 

hide(栄)も利用してる通販サイトです!


よく読まれている関連記事!

-音楽で役立つ知識!
-, , , , , , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.