ギターヒーロー特集!

DJアシュバのギタープレイと使用機材!

更新日:

DJアシュバ

 

モトリー・クルーのニッキー・シックスのサイドプロジェクトである、SIXX:A.Mに参加したり、ガンズ&ローゼスなどの大きなバンドにギタリストとして参加したりとビッグネームなアーティストからも信頼を得ているDJアシュバ。

端正な顔立ちと全身にびっしりと彫ったタトゥーが、印象的であり、アグレッシブなパフォーマンスを得意としています。

 

今回は、DJアシュバのギタープレイと使用機材を紹介します。

 

音声動画はこちら。

 

 

DJアシュバのギタープレイ!

 

ピアニストの母親の影響もあり、幼少期からピアノの練習をし、音楽理論や音楽の楽しさなどを自然と身に付ける。

16歳の頃にモトリー・クルーのライブを観てから人生が変わり、一気にロックに目覚めギターの練習に没頭。

 

モトリークルー

 

プレイの特徴としては、正確なテクニックに裏打ちされたエモーショナルなプレイを得意としており、直系のロックギタリストタイプであります。

ガンズ&ローゼスの後任ギタリストとして一気に世界的に有名になったので仕方ありませんが、やはりスラッシュからの影響は多大に感じますし、少し似せてきている部分も感じます。

ただ個人的な感想としては、テクニック的にはスラッシュよりも安定しており、上手いです。

 

使用機材!

 

DJアシュバ自身が、機材を紹介しているので動画を添付します。(ガンズ&ローゼスに参加時のものです)

 

 

 

 

ギターは、やはりギブソンレスポールを使っています。


 

アンプは、王道のメサブギーのレクチファイア。

 

エフェクターも流行りのAxe-FX II。


 

足元にはワウペダルを置いています。

ライブ映像を観ているとパフォーマンス重視のためか、基本的には音色切り替えはギターテックの人がやっているようです。

 

DJアシュバのオススメ動画を紹介します。

 

The Ballad of Death:

 

 

この曲を聴くとスラッシュの影響を多大に受けていると思います。

そんなに派手なプレイはありませんが、丁寧な泣きのギターといった感じです。

 

Stars:

 

 

 

ニッキー・シックスと一緒にやっていたプロジェクトからです。(現在はニッキーが脱退しました)

ワウペダルを活用したアグレッシブな速弾きがかっこいいし、この曲の方が彼らしさが出ていると思います。

 

よくスラッシュと比較されますが...

 

ガンズ&ローゼスの後任ギタリストは他にも何人かいますが、他のギタリストたちは明らかにプレイスタイルがスラッシュとは異なり、ハイレベルなテクニックを前面に出しています。

しかし、良くも悪くもDJアシュバはスラッシュ直系タイプのギタリストであり、ロックスター的なルックスもありこの2人はよく比較されていました。

どちらがプレイヤーとして優れているかを評価するのはナンセンスですが、やはり音楽史的にはスラッシュが切り開いた道は偉大です。

 

スラッシュ

 

それに個性・キャラはダントツでスラッシュの方があります。

言ってしまえば、今の時代スラッシュよりもテクニック的に上手いギタリストは山のようにいますが、ギタリストとして1番大切である自分の声(ギタートーン)を持っているのはやはりスラッシュです。

 

 1,980年代後半にメジャーデビューして、世界中で爆発的に大ヒットしたバンドのガンズ&ローゼスのリードギタリストであるスラッシュ。バンドを脱退後は、マイケル・ジャクソンとコラボしたり、ソロ活動や新たにバンドを結成したりして現在も精力的に活動中。今では古巣のガンズ&ローゼスでの活動も再開しました。 今回は、スラッシュの名言(迷言)とギターの使用機材とプレイの特徴を簡単に紹介したいと思います。 音声動画はこちら。  スラッシュの名言集!  「デビューする1年前後、シラフだ...

 

ガンズ&ローゼスの楽曲はAmazon Music Unlimitedでも聴けます!

 

Amazon Music Unlimitedは、6500万曲以上の楽曲を月額780円聴き放題できる音楽配信サービスです。

 

Amazon Music Unlimitedを無料で試す

 

DJアシュバが一時期在籍していたガンズ&ローゼスは、やっぱりデビュー初期の頃の作品が断トツで輝いています。(色褪せない)

今は、オリジナルメンバー(スラッシュとダフ・マッケイガン)が古巣に戻ってきたので、今後の動向も目が離せません。

 

よく読まれている関連記事!

-ギターヒーロー特集!
-, , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&WEBマーケティングのビギナーズラック) , 2021 All Rights Reserved.