ギターヒーロー特集!

ダイムバッグ・ダレルのギタープレイと使用機材!

更新日:



ダイムバッグ・ダレル

 

ダイムバッグ・ダレルのギタープレイと使用機材!

 

実の兄であるドラマーのヴィニー・ポールと一緒に結成したパンテラダメージプランのギタリストであったダイムバッグ・ダレル。

少年時代からギターコンテスト荒らしと評され、数多くのギターの賞や賞金を稼いできた天才肌気質のギタリスト。

 

ダウンチューニングを採用したパワーメタルを軸に音楽を作り、「ギターソロ=ダサイ」と言う風潮があった1990年代の音楽シーンでも信念を曲げずにかっこいいギターソロを曲の中に入れ、多くのギターキッズたちに影響を与えてきました。

残念ながら彼は、2004年12月8日にダメージプランのライブをやっている最中に熱狂的なファンに拳銃で撃たれてしまい亡くなっています。(享年38歳)

 

今回は、ある種伝説的なギタリストとなったダイムバッグ・ダレルのギタープレイと使用機材を紹介します。

 

ダイムバッグ・ダレルのギタープレイ!

 

少年時代から早熟の天才と言われ、数々のギターコンテストで賞を受賞してきたので確かなギターのテクニックの持ち主です。

エドワード・ヴァン・ヘイレンから多大な影響を受けて育ったと本人も公言している通り、プレイスタイルや得意なことも直系で引き継いでいます。

 

速弾き・アームを活用したトリッキーフレーズなどはエディー譲りであり、デビュー前後の音源なんかはかなりプレイスタイルが似ています。

しかし、そこから彼の個性が開花したのが、ダウンチューニングを使った重たいヘヴィーなサウンドとギターリフと、ワーミーペダルやピッキングハーモニクスなどを多用した個性的なギターソロの組み立てです。

 

とくに兄でありドラマーであるヴィニー・ポールとのグルーヴ感溢れるリフプレイやリズムセクションは圧巻の一言であり、ドライブ感もあり聴いていて本当に心地が良いです。

 

端的に説明した動画はこちら。

 

 

 

 

使用機材!

 

ギターは、DEAN(ディーン)から自身のモデルを作ってもらっています。(変形した形のギターがトレードマークです)

 

Dean ディーン DIMEBAG SHOWDOWN ML 【dimeback】【ダイムバックダレル】【パンテラ】【メタル】【変形ギター】【フロイドローズ】【送料無料】

価格:69,984円
(2018/6/19 07:27時点)

 

アンプは、ランドールを長年を使っており、彼の好みとして真空管よりもトランジスタタイプの方でした。

 

エフェクターは彼のギタートーンの真骨頂であるディストーション。

 

MXR DD-11 Dime Distortion【送料無料】

価格:18,630円
(2018/6/19 07:38時点)

 

 

ダンロップのワウペダル。

 

Dunlop DB-01 DIMEBAG SIGNATURE WAH

価格:22,464円
(2018/6/19 07:42時点)

 

そして、ダレルのギターサウンドでは絶対に欠かすことのできないワーミーペダル。

 

【正規輸入品・新品】Digitech (デジテック) Whammy (5th gen) <ワーミーペダル><第5世代>

価格:26,640円
(2018/6/19 07:45時点)

 

 

ギタリストとしては、かなりシンプルなエフェクターの数です。

 

パンテラ(Pantera)のオススメの曲を紹介します。

 

Cowboys From Hell:

 

 

 

デビュー時期の名曲ですが、この頃からすでにギタリストとしてかなり完成されています。

ギターリフやバッキングがソリッドであり、ギターソロも文句なしでかっこいい!!

 

Revolution Is My Name:

 

 

 

 

ザクザクと刻むリズムギターと極悪なサウンドがかっこいいです。

ギターのバッキング(伴奏)の展開とソロへの入り方が独特であり、このリズムのコンビネーションプレイも最高です。

 

最後は生前最後に活動していたダメージプラン(Damageplan)からのナンバーです。

 

Save Me:

 

 

 

パンテラが解散してから新たに作ったバンドです。

私はこのアルバムをリアルタイムで購入しましたが、正直買った当初はどうしてもパンテラの音楽性と比べてしまうと見劣りする部分があり、あまりパッとしない印象でした。

しかし、今改めて聴き直してみると、その後のラウドロックやニューメタルシーンを牽引するような曲の雰囲気があり、多分その最前線を突っ走ろうと考えていたんだなと思い畏敬の念に駆られました。

 

ダイムバッグ・ダレルが影響を受けたもの!

 

アメリカのテキサスで生まれ育っているので、その土地柄、カントリーやブルース系の音楽の素養もありジャズも勉強していました。

ギターに夢中になったきっかけがやはりヴァン・ヘイレンなのでこのバンドからは多くのことを吸収したし、境遇も似ています。(兄弟でバンドを結成しています)

 

そして、もう1つ彼のプレイスタイルとして影響を受けたのがメタリカです。

とくにギターヴォーカルである、ジェイムズ・ヘットフィールドの右手のダウンピッキング中心のミュートプレイは絶賛しており、いかに重く心地の良いリズムギターを弾くことに関してはかなり研究と練習を重ねていたようです。

あの鋭く歯切れの良いダウンピッキングを習得するために、基礎練習も徹底していました。

 

見た目はいかつくて怖そうですが、大のいたずらっこで茶目っ気があったダイムバッグ・ダレル。

そして、ギターを愛していたのと同じほどに大のビール好きとして有名であり、ギター界ではザック・ワイルドと並び、練習する時もレコーディングする時もライブ中もビールを飲み続けるという豪快っぷり。

 

(function(i,s,o,g,r,a,m){i=r;i=i||function(){ (i.q=i.q||).push(arguments)},i.l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o);a.async=1;a...

 

あっ、そう言えばメタリカのジェイムズもアル中寸前になるほどの酒豪でビール好きでしたね(笑)。

かっこいいリズムギターを習得するには、ビールを飲んで解放した気分でリラックスしてギターを弾くことも重要なのかもしれません。

 

よく読まれている関連記事!

-ギターヒーロー特集!
-, , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.