オンラインギターレッスン!

チョーキングヴィブラートを覚えて、ヴィブラートのバリエーションを増やそう!

更新日:


ギター初心者

 

チョーキングヴィブラートを覚えて、ヴィブラートのバリエーションを増やそう!

 

ヴィブラートは、基本的には、フィンガーヴィブラートとハンドヴィブラートの2種類があります。

 

//  ヴィブラートは、ギタリストにとっては、自分の個性や感情表現をするためにすごく大切なテクニックとなります。演歌の歌い手の方がするこぶしのように、音を揺...

 

しかし、それ以外にも他のテクニックとかけ合わせることによって、ヴィブラートのバリエーションを増やすことができます!

よく使うものとしては、チョーキングヴィブラートです。

 

チョーキングヴィブラート!

 

チョーキングヴィブラートとは、チョークアップをした音に対して、ハンドヴィブラートをかけて、音を揺らし、よりブルージーに泣きのギターを表現することが可能となります。

 

・奏法のやり方(3弦7フレットをチョーキングヴィブラートする場合)

 

1)薬指で3弦7フレットを押さえて、ピッキングをして1音上げチョーキングをする。

 

2)チョークアップをした状態で、気持ちゆっくりめのヴィブラートをかける。

 

*奏法の注意点

 

チョーキングヴィブラートは、チョークアップをした音に対してヴィブラートをかけるので、隣の弦に指先が当たったりしてとてもノイズが出やすいテクニックです。

なので、しっかりと他の指や、右手のハラの部分を使ってミュート(消音)をすることがとても大切です。

 

 

さらにバリエーションを増やすために…

 

ヴィブラートは、ただ単純に音を揺らせばいいと言うわけではありません。

「ギターで歌をうたうイメージ」を持ってやることが、1番重要になります。(歌心を持つこと)

 

そして、それを意識するためには、実際の曲のテンポ(BPM)も関係がありますし、歌の引き出しを増やすためには、「音の揺れ幅、スピード、タイミング」を使い分けることによって、表現方法は無限にあります。

 

そして、色んなタイプのギタリストのヴィブラートを研究することも引き出しを増やすアイデアやヒントとなります。

 

動画で詳しく解説!

 

動画を撮影したのでこちらをご覧ください!

 

 

 

 

本編では、「チョーキングヴィブラート」の基本的なやり方やポイントと、ヴィブラートのバリエーションを増やすための方法などを解説しています。

ポイントはいくつかありますが、大事な要素としては、ギターで歌をうたうイメージだったり、人間味を正直に音で出す感覚かと思います。

 

まとめると...

 

・チョーキングヴィブラートをかけるとよりブルージーに自分の感情などを音に込めることができる。

 

・チョーキングヴィブラートをかけるポイントとしては、チョークアップした際に気持ちゆったりめでヴィブラートをかけると心地よい感じになる。

 

・余計なノイズが出ないようにしっかりとミュートすることが大事。

 

・ただ単純に音を揺らすだけではなく、「歌心」を持ってギターで歌うイメージでヴィブラートをかけること。

 

いかがでしたか?

 

ギター初心者にとっては少し難しいニュアンスにはなるかと思いますが、すごく使えるテクニックですし、細かい感情表現をすることも可能なので、是非マスターしてほしいと思います。

 

//  ギター初心者が途中で絶対に挫折しないための3つのヒント! ギターを練習していると誰でも思うように弾けなかったり、1つのテクニックやほんの数小節のギ...

 

 

ご案内!

こちらの記事も併せてお読み下さい!

GHCネットとは!?

また、ギターや音楽関連に関する動画を随時配信してるので、You Tubeのチャンネル登録をお願いします。

よく読まれている関連記事!

-オンラインギターレッスン!
-, , , , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.