ギターのコード(和音)特集!

マイナーコードの基本フォームの押さえ方!

更新日:

ウェス・モンゴメリー

 

ギターのコード(和音)は、大まかに分けると、メジャーコードとマイナーコードの2つがあります。

今回は、暗い響きを持っていて、わりと日本人好みなマイナーコードの5,6弦ルートの基本フォームの押さえ方に関して説明します。

 

その前に…

 

マイナーコードの構成音!

 

例)Cmコードの場合。

 

1度 ⇒ C(ド)

短3度⇒ E♭(ミ♭)

5度 ⇒ G(ソ)

 

この3和音となり、単純にメジャーとマイナーを分ける構成音は、3番目のE(ミ)の音が半音下がるか下がらないかの違いだけです。

 

5,6弦ルート基本フォーム!

 

 

 

 

視覚的にもわかりやすいように、動画を撮影したのでこちらをご覧下さい。

 

*バレーコードがしっかりと押さえられると、わりと簡単に沢山のコードが押さえられるようになります。

 

続いては、省略コードにあたる、3,4弦ルートのコードフォームを紹介します。

メジャーコードと同様に、マイナーコードでもアレンジをする際に色々と応用できるので、知っておくと便利だと思います。

 

3,4弦ルートのコードフォーム!

 

 

 

 

 

高音弦側を使ったコード(和音)などは、歯切れのいいカッティングプレイなどで使えるので、ギターフレーズを作る時の参考になれば幸いです。

 

リズムギターはジャミロクワイから学べ!

 

よく読まれている関連記事!

-ギターのコード(和音)特集!
-, , , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&WEBマーケティングのビギナーズラック) , 2021 All Rights Reserved.