ギターのコード(和音)特集!

ファンク系の音楽でよく使う、7th(セブンス)コードを奏でよう!

更新日:


ギター初心者

 

 

ファンク系の音楽でよく使う、7th(セブンス)コードを奏でよう!

 

7thコードは、一応メジャーコードの一種ですが、少し雰囲気が違いますし、他のコード(和音)と比べても異なる位置づけになるコードです。

ブルースやファンク系の音楽で多用されることが多いし、ロックやポップスなど色々と代用もできるコードなので覚えておくと何かと便利です。

 

今回は、そんな便利な7thコードの基本や押さえ方などに関して説明します。

その前に…

 

ダイアトニックコードの基本!

 

例)Key=Cの場合

 

1度 ⇒ CM7

2度 ⇒ Dm7

3度 ⇒ Em7

4度 ⇒ FM7

5度 ⇒ G7

6度 ⇒ Am7

7度 ⇒ Bm7(♭5)

 

これが、ダイアトニックコードの基本となり、7thが使える箇所は、5度のG7となります。

 

7thの構成音!

 

例)G7の場合

 

1度 ⇒ G(ソ)

3度 ⇒ B(シ)

5度 ⇒ D(レ)

短7度⇒ F(ファ)

 

の4声和音となります。

 

7thコードの基本フォームの押さえ方!

 

7thコードの基本フォームを動画で詳しく解説します。

 

 

 

 

 

*よく出てくるコード進行としてⅤ→Ⅰ(ファイブ・ワン)と言う鉄板のお決まり進行があるので、そのコードチェンジの練習をすると実用的だと思います。

Key=Cの場合 G7ーCM7

 

オールジャンルで使えるコードの流れなので覚えておくと便利です。

 

hide(栄)も利用してる通販サイトです!


よく読まれている関連記事!

-ギターのコード(和音)特集!
-, , , , , , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.