ライフワーク!

2020年、人気記事トップ10を振り返り、2021年のブログ運営を考える!

更新日:

四緑木星

 

新年あけましておめでとうございます。

新型コロナウイルスの猛威のせいで大変なことが世界中であった2020年も終わり、新たに2021年を迎えました。

延期された東京オリンピックが無事に開催されることと、早く新型コロナウイルス感染の繁栄に歯止めが効くことを日本人としては願っております。

 

個人的に去年の新しいチャレンジとしては、ブログやYou Tubeなどの更新と同時に、音声メディアのポッドキャスト配信を始めたことがあります。

正直なところ決して更新頻度は高くはありませんが、これから大きな波が来ると言われている音声メディアも地道に種蒔きをして、媒体を育てていこうと考えています。

 

新鮮な気持ちで少し2020年を振り返り、その1年の中でよく読まれた人気記事トップ10を紹介します。

 

1位:ジョン・フルシアンテのギタープレイと使用機材!

 

//  ジョン・フルシアンテのギタープレイと使用機材! レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(以下:レッチリ)の元メンバーとして音楽活動をしており、現代の世界3大ギタリストの1人としても選ばれているジョン・フルシアンテ。  レッチリ(RHCP)を脱退後は、ソロアーティストとして、歌とギター以外にもキーボードや打ち込み系サウンドの方向にも進んで幅広い音楽制作をしています。ギターを弾き、歌も歌い、キーボードや打ち込み系のサウンドも作り、音楽の才能に溢れていて非常に多作なミュージシャンの1人です...

 

2019年の12月にレッチリに10年ぶりに戻ってきたジョン・フルシアンテ。

彼の人気も去ることながら安定してよく読まれています。

 

2位:世界に影響を与えた、速弾き系ギタリストランキングトップ10!

 

window.dataLayer = window.dataLayer || ; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-38568680-1');ロックギタリストなら1度は憧れたことがあるテクニカルなギターソロ。とくに1980年代頃は、速弾きブームが起こり、ギタリスト史上主義がしばらくは続きました。 その後は、時代の流れや音楽の流行の移り変わりもあり、「ギターソロ=ダサイ」時代を経て、ブルースロックの原点回帰を経て、またギタリストの立ち位置や評価も微妙に変化してき...

 

テクニカル・速弾き系のランキング形式もどうやら気になるようですね。

 

3位:フリーのベースプレイと使用機材と名言!

 

 

//  レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(以下:レッチリ)のベーシストであり、バンド結成時からの立役者であったフリー(本名:マイケル・ピーター・バルザリー)。「世界最強の4人組バンド!」と称されており、その破天荒でパワフルで圧倒的なライブパフォーマンスを武器に世界中で人気のあるモンスターバンドである。  今回は、そんなレッチリの中心人物であるフリーのベースプレイと使用機材と名言を紹介します。 音声動画はこちら。  フリーのベースプレイ! フリーのベースプレイは、高度な...

 

レッチリのベーシストである、フリーに関しての記事。

やはりレッチリの人気は世代を超えて不動だなと思います。

 

4位:カルロス・サンタナのギタープレイと使用機材!

 

//  カルロス・サンタナのギタープレイと使用機材! 1,960年代の後半に自身のサンタナバンドの一員として、ウッドストックのフェスティバルに出演してから一気に世界的に有名になったカルロス・サンタナ。(以下:サンタナ)その後も厳しい音楽業界の中での浮き沈みを経験しながらも、グラミー賞を何度も受賞したり、色んなアーティストとコラボをしたりして40年以上も活躍しています。 今回は、サンタナのギタープレイと使用機材を紹介します。 カルロス・サンタナのギタープレイ! サンタナは、ラテン音楽...

 

ラテンロック界のカリスマである、サンタナ。

プレイスタイルやギタートーンに独特な個性があり、ギタリストとしては学ぶべき点が多い人です。

 

5位:スラッシュの名言(迷言)とギターの使用機材とプレイの特徴!

 

window.dataLayer = window.dataLayer || ; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-38568680-1'); 1,980年代後半にメジャーデビューして、世界中で爆発的に大ヒットしたバンドのガンズ&ローゼスのリードギタリストであるスラッシュ。バンドを脱退後は、マイケル・ジャクソンとコラボしたり、ソロ活動や新たにバンドを結成したりして現在も精力的に活動中。今では古巣のガンズ&ローゼスでの活動も再開しました。 今回は、スラッシュ...

 

ガンズ&ローゼスのギタリストであり、ギブソンレスポールが世界1似合う男である、スラッシュ。

年齢を重ねてもかっこいいし、大人の色気や艶があるのが本当に素晴らしいです。

 

6位:トム・モレロのギタープレイと使用機材!

 

(function(i,s,o,g,r,a,m){i=r;i=i||function(){ (i.q=i.q||).push(arguments)},i.l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o);a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-38568680-1', 'auto'); ga('send', 'pageview'); レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(レイジ)、オーディオスレイヴのギ...

 

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのギタリストであり、ギターの音色で色んな可能性を広げてくれたトム・モレロ。

奇抜なことをやっているようで、実はかなり基礎がしっかりしているミュージシャンの1人です。

 

7位:ドロップDチューニングのやり方と効果的な活用法!

 

//  ドロップDチューニングのやり方と効果的な活用法! ドロップDチューニングとは、ギターの1番低い音の弦の6弦だけが、通常より1音低い音程のD音(レ)で合わせたチューニングのことを言います。主にハードロックやヘヴィーメタルやグランジロックなどの音楽ジャンルで使うことが多いですが、アコースティックギターの弾き語りなどでも使うことはあります。 ドロップDチューニングの音程の基本! 1弦 ⇒ E2弦 ⇒ B3弦 ⇒ G4弦 ⇒ D5弦 ⇒ A6弦 ⇒ D ← この音だけが、レギュラーチューニングとは違うだけ...

 

こちらの記事もこのサイト内では以前からよく読ませていたものでした。(ありがたい限りです)

 

8位:ジョシュ・クリングホッファーのギタープレイと使用機材!

 

//  現代の世界3大ギタリストの1人として称賛されていたレッド・ホット・チリ・ペッパーズ(以下:レッチリ)のギタリストだったジョン・フルシアンテ。  彼が、2009年にソロ活動に専念したいとのことでバンドを脱退し、その後釜ギタリストとして2010年にレッチリに加入したのがジョシュ・クリングホッファー(以下ジョシュ)です。 今回は、あまりにも偉大なギタリストの後任としてレッチリのメンバーとして迎えられたジョシュ・クリングホッファーのギタープレイと使用機材を紹介します。 音声動画はこち...

 

ジョン・フルシアンテに代わって2019年末にレッチリを脱退したジョシュ・クリングホッファー。

今は、またシンガーソングライターとして活動しています。(歌も以前から評価されてました)

 

9位:ラリー・カールトンのギタープレイと使用機材!

 

(function(i,s,o,g,r,a,m){i=r;i=i||function(){ (i.q=i.q||).push(arguments)},i.l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o);a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-38568680-1', 'auto'); ga('send', 'pageview'); 1968年にソロアーティストとしてメジャーデビューをしてから40年以上も音...

 

ジャズやフュージョン系のミュージシャンとして長年活躍していたラリー・カールトン。

円熟味を増してどんどんとギターサウンドが研ぎ澄まされていく感じが本当にすごいです。(禅のよう)

 

10位:ナイル・ロジャースの使用機材とギタリストへのメッセージ!

 

//  ナイル・ロジャースの使用機材とギタリストへのメッセージ! 世界的に超売れっ子音楽プロデューサーであり、ギタリストとしても最強のディスコバンドを作ったCHIC(シック)の中心メンバーであるナイル・ロジャース。(以下:ナイル)  今までナイルがプロデュースしてきたアーティストは、ダイアナ・ロス、マドンナ、シスター・スレッジ、デヴィッド・ボウイ、デュラン・デュランなどの大物たちばかりであり、推定で2,000億円以上のアルバムを売ってきています。 今回は、自身のバンドのCHIC(シック)...

 

大物音楽プロデューサー兼シックのギタリストでもある、ナイル・ロジャース。

カッティングの名手であり、リズムギターを熟知した孤高のミュージシャンの1人です。

 

2021年の目標や方針は!?

 

恐らくまだしばらくは、「ステイホーム・巣ごもり消費」の時期が続くと思うので、引き続きオンライン上での情報発信はやっていきます。

ただ現状は、とくに去年からは芸能人の方々が続々とYou Tubeの市場に参入してきて、動画コンテンツの競争は激化してきたのを肌で強く感じています(汗)。

 

Youtube(ロゴ)

 

影響力や知名度の高さでは勝てないので、より一層の創意工夫と改善をしていかないと、チャンネル自体が成長しません。

 

しかし、物事の本質は、「おもしろい・役に立つ」コンテンツが優位に立てると思うので、試行錯誤しながら頑張っていきたいと思います。

それは、当然ブログやポッドキャストなどの更新も同様です。

2021年も健康に配慮して、より良い思い出を作っていきたいです。

 

そして、いくつになってももっとギターが上手くなりたいと思いますし、色んな音楽を聴いて新たな刺激や発見を自分の糧にしたいと思っています。

 

2021年度も「GHCネット」同様に宜しくお願い致します。

よく読まれている関連記事!

-ライフワーク!
-, , , , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&WEBマーケティングのビギナーズラック) , 2021 All Rights Reserved.