音楽の魅力!(楽しみ方)

2016年、よく読まれた人気記事トップ10を振り返り、2017年のブログ運営を考えてみる!

更新日:

コンテンツマーケティング

 

2016年、よく読まれた人気記事トップ10を振り返り、2017年のブログ運営を考えてみる!

 

2016年も終わり、新たな2017年が始まりました。

世間では完全に正月モードといった感じでしょうか。

 

2016年を少し振り返り、よく読まれた人気記事トップ10を簡単に紹介したいと思います。

 

1位:ギターリフとは!?

 

ロックやギターの世界ではよく使われる言葉についての記事です。

 

//   ギターリフとは!? よくロックに関連した音楽テレビやラジオなどを聞いていると、たまに耳にする言葉として、ギターリフと言う単語があると思います。このリフとは、リフレインの略語であり、「繰り返す」という意味合いがある言葉です。 今回は、ギターリフに関して話してみたいと思います。(男くさいテーマですね) ギターリフ! ①曲のイントロにあたる箇所で印象に残りやすい。 ②イントロ以外にもサビや他のパートでも繰り返し使うことが多く、インパクトが大きいパート。 ロックや...

 

端的に解説をした内容ですが、ロングテール記事のように安定して多くの方に読んでもらっています。

 

2位:ドロップDチューニングのやり方と活用法!

 

ギターの特殊なチューニングのやり方と活用法に関して説明した記事です。

 

//  ドロップDチューニングのやり方と活用法! ドロップDチューニングとは、一番低い音の弦の6弦だけが、通常より1音低い音程のD音(レ)で合わせたチューニングのことを言います。主にハードロックやヘヴィメタルなどの音楽ジャンルで使うことが多いですが、アコースティックギターの弾き語りなどでも使うことはあります。 ドロップDチューニングの音程の基本! 1弦 ⇒ E2弦 ⇒ B3弦 ⇒ G4弦 ⇒ D5弦 ⇒ A6弦 ⇒ D ← この音だけが、レギュラーチューニングとは違うだけ。 以上のようになり、6弦以外...

 

Youtube動画も活用して丁寧にチューニングのやり方と効果的な使い方や音楽知識も入れた内容となっています。

 

3位:ジョン・フルシアンテのギタープレイと使用機材!

 

元レッチリの天才ギタリストであるジョン・フルシアンテに関して書いた記事です。

 

//  ジョン・フルシアンテのギタープレイと使用機材! レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(以下:レッチリ)の元メンバーとして音楽活動をしており、現代の世界3大ギタリストの1人としても選ばれているジョン・フルシアンテ。  レッチリ(RHCP)を脱退後は、ソロアーティストとして、歌とギター以外にもキーボードや打ち込み系サウンドの方向にも進んで幅広い音楽制作をしています。ギターを弾き、歌も歌い、キーボードや打ち込み系のサウンドも作り、音楽の才能に溢れていて非常に多作なミュージシャンの1人です...

 

個人的に大好きなギタリストなので、自然と熱が入り力説してしまいました(笑)。

彼に対してリスペクトしてる想いも伝われば幸いです。

 

4位:7弦ギターの魅力と可能性!

 

私もバンドをやっていた頃にメインとして使用していたギターで実体験に基づいた記事です。

 

//  7弦ギターの魅力と可能性! 通常、エレキギターやアコースティックギターなどは、6本の弦を張るタイプの6弦ギターが主流ですが、低音弦側にもう1本の弦を足した7弦ギターも存在しており、プロミュージシャンの中でも愛用している人が多数います。 7弦ギターを愛用しているアーティスト達! 7弦ギターを実際に活用して、一般的に広く浸透させたのは、スティーブ・ヴァイです。   その後に圧倒的な個性と人気で世界中に広めてきた貢献者としては、KORNのギタリストの二人です。(マンキーとヘッ...

 

弾いたことがない人にとっては少しは参考になってるのかな!?

 

5位:確信的異端ギタリストである川谷絵音がスゴイ!

 

2016年は「下衆不倫!」という新ワードが生まれて大いに話題を与えてくれた張本人です。

 

//  確信的異端ギタリストである川谷絵音がスゴイ! ゲスの極み乙女のギターボーカルであり、バンドの中心人物である川谷絵音。 世間では、タレントのベッキーとの不倫騒動や離婚届のことを「卒論」と名付けて行動していたことで、今では音楽をあまり聴かない層にまで逆に認知されてきた感がある旬な人である。 かくゆう私も今回のベッキーとの不倫騒動が起こるまでは正直なところ、ゲスの極み乙女の音楽をちゃんと聴いたことがなかった。しかし、今回のことで少なからずこのバンドのことが気になり、実際にバンド...

 

人間性はどうあれ、音楽に関しての才能は本当にあったアーティストだったのでもったいないとしか言えません...。

珍しくトレンドを狙って書いた記事でした。

 

6位:ギターの2大ブランド、ギブソンとフェンダーの特徴と違い!

 

ギターに関してまじめに書いた記事です(笑)。

 

//   ギターの2大ブランド、ギブソンとフェンダーの特徴と違い! ギターに関しては、本当に数多くのメーカーと種類がありますが、大まかに言ってしまうと、ギブソンとフェンダーの2大ブランドが昔から品質の良いものを出しています。今回は、ギターの2大ブランドのギブソンとフェンダーの音の特徴と違いを私なりの解釈でお話したいと思います。 ギブソンレスポール! このギターの特徴は、大まかに言うと、音が太くてフロントピックアップの音が甘い音(スイート)がするのが、最大の特徴だと思います。&n...

 

弾き心地・音色・使用アーティストの傾向を解説した内容となっています。

 

7位:ギターは人に習うか独学のどちらがいい!?

 

これも音楽に関してまじめに書いた記事です(笑)。

 

//  ギターは人に習うか独学のどちらがいい!? クラッシック音楽の代表とされるピアノやヴァイオリンなどは、独学でやる人はほとんどいなく、音楽教室や個別レッスンに通うことが一般的です。しかし、とくにエレキギターに関しては、独学で練習してる人の方が数が多いのが現状です。 人に教わるのと独学とどちらが上達が早いか? これは、人それぞれの性格にもよりますが、相性の良い先生と出会ったのなら、断然先生から教わる方が上達が早いです!なぜなら定期的にその人のプレイフォームや上達具合をチェックし...

 

真剣に書いた記事が上位に来て読まれているとこちらもうれしいです。

わかりやすいように比較して書いたのが良かったのかもしれません。

 

8位:ジミヘンコードの正体とは!?

 

伝説的なロックギタリストである、ジミヘンがよく使っていたコード(和音)に関して解説した記事です。

 

//   ジミヘンコードの正体とは!? ロックギター界の超カリスマであったジミ・ヘンドリックスが、多用していたコードとして有名になった通称ジミヘンコード。7th(セブンス)コードの一種なんですが、ある一つの特殊なテンションコードを足すことで、非常に当時は斬新でかっこいいコードとして有名になりました。ロックやブルース以外にも、ジャズやフュージョンなどでも使われるようにもなりました。 今回は、そのジミヘンコードに関して詳しく説明していきたいと思います。 ジミヘンコード! ジミヘ...

 

文字数は少ないですが、動画も撮影して説明しているので伝わりやすかったとは思います。

 

9位:音楽の才能がある人、向いている人!

 

完全な自論記事です。

 

//  音楽の才能がある人、向いている人! よく芸術の世界や音楽の世界では、「あの人は才能がある!」とか、「アイツは10年に一度の逸材である!」などと言う話が出ることがよくあると思います。とりわけ、絵画の分野と音楽の分野では、才能という言葉には敏感に反応する傾向が強いと個人的には感じています。 よく昔から「好きこそものの上手なれ!」や「才能とは努力と汗を流した数だ!」と簡単に言われることもあり、確かにそれも一理あるとは思っています。今回は、少し深掘りして私なりに音楽の才能がある人、向い...

 

これには正解はないと思いますが、近からず・遠からずも割と的は得ていると自負しております。

 

10位:エリック・クラプトンの心に響く名言集と切ない歌!

 

世界3大ギタリストの1人であるエリック・クラプトンの名言を紹介した記事です。

 

//  エリック・クラプトンの心に響く名言集と切ない歌! ブルース音楽を中心に展開し、世界中でツアーをしてきたシンガーソングライターのエリック・クラプトン。(以下:クラプトン)世界3大ギタリストの1人としても知られており、日本にもよく来日するので、普段洋楽をあまり聴かない人にもわりかし認知度は高い人だと思います。  今回は、そんなエリック・クラプトンの心に響く名言集と切ない代表曲を紹介したいと思います。  「その日をちゃんと生きること。 人生にこの日は一度しか訪れない。」&n...

 

クラプトンやブルースに関しては他にも書きたいことがあるので、関連した記事を今後は書くと思います。

 

記事の順位に関してはあくまでも指標の1つと思っています。

こちらがすごくエネルギー(情熱)を使って時間を割いて書いたものが、意外とあまり読まれないことは多々あり、反対のパターンもあるので、ニュートラルな気持ちで淡々と書くことが大事だなと他のブロガーさんも言っておりましたが、私も共感しています。

 

2017年のブログの方針は?

 

もっと内容の濃いものを書いていきたいと考えています。

ただ気負いすぎて、疲れてモチベーションがダウンすることは避けたいので、雑多ブログのように幅広い内容でその時に書きたい!と思ったことを続けたいと思います。

 

それにまだまだ記事数が圧倒的に少ないので、更新頻度は高めていきたいと思っています。

「無理はせず・楽しく」をモットーに2017年度もよろしくお願いします!

 

よく読まれている関連記事!

-音楽の魅力!(楽しみ方)
-, , , , ,

Copyright© GHCネット(ギター&WEBマーケティングのビギナーズラック) , 2021 All Rights Reserved.