GHCネット(ギター&マーケティングのビギナーズラック)

エレキギターの上達×コンテンツマーケティング

*

ポール・ギルバートとリッチー・コッツェンのギター対決!(比較)

   


ポール・ギルバートとリッチー・コッツェンのギター対決!(比較)

 

MR.BIG(ミスター・ビッグ)は、2002年に1度解散しましたが、2009年に以前脱退していたオリジナルメンバーのポール・ギルバート(以下:ポール)を迎えて再結成しました。

 

ポール・ギルバート

 

往年のファンからするととても嬉しいことであり、ミスター・ビッグのわかりやすいポップ性とテクニックの融合は1つの武器でもあり、その鍵を握っていたのはテクニカルギタリストとしてデビュー当時から話題を集めていたポールの個性が影響していました。

 

一方、1999年にポールが脱退した後に加入した、こちらもテクニカルギタリストとして評価されていたリッチー・コッツェン。(以下:リッチー)

 

リッチー・コッツェン

 

既にギターヒーローとして人気があったポール・ギルバートの後釜を務めるのは相当プレッシャーがあったと思いますが、少し変わった性格のリッチー・コッツェンは見てるファンからの印象として難なくこなしてる感じがありました。

 

2人とも素晴らしいミュージシャンであることは誰もが認めるところですが、今回は完全に独自の意見で2人のギタリストの戦闘能力を比較してみたいと思います。

比較するカテゴリーとしては、演奏能力・作曲能力・パフォーマンス力・カリスマ性・ギタートーンの5つの項目で比較してみます。

 

1、演奏能力!

 

演奏能力は2人ともとても高く互角です。

 

得意とするプレイスタイルや音楽ルーツの違いが結構色濃く出ています。

 

・ポール・ギルバート ⇒ ハードロック・ヘヴィメタル系の高速フルピッキングやライトハンドなどの速弾きを得意とし、かっちりとした正確なリズム感に定評があります。

 

・リッチー・コッツェン ⇒ ブルース・ファンク系の音楽をルーツとし、レガート奏法や指弾きなどを得意とし、グルーヴィーな演奏スタイルに定評があります。

 

2人とも10代の頃に音楽プロデューサーであるマイク・ヴァーニーに才能を見い出されて世の中に出ているので、ギターのテクニックは抜群に高いです。

 

2、作曲能力!

 

2人ともバンド以外にもソロ活動をしており、非常に多作です。

とくにリッチーに関しては、作品のリリースをする期間も短く、色んなプロジェクトにも参加しています。

 

作曲に関しては、リッチーの勝ちです。

それに表現できる音楽ジャンルの幅も広く歌も普通に上手いです。(ポールも歌いますがヴォーカル向きではなくコーラスタイプ)

 

3、パフォーマンス力!

 

パフォーマンスに関してはポールの勝ちです。

というかポールの方がいかに魅せてお客を喜ばせるかを考えながらプレイしているのが伝わります。

 

衣装のセンスに関しては置いておき、音楽はエンターテイメントであることを表現しています。

 

4、カリスマ性!

 

何を持ってカリスマ性と判断するかは難しいところですが、一般的にギタリストとして人気が高いのはポールの方です。

 

ポール・ギルバートは王道的なギターヒーロータイプであり、見ていてわかりやすい華があります。

 

一方のリッチー・コッツェンは玄人好みであり、ミスター・ビッグ時代は演出上、相方のビリー・シーンとの視覚的な演奏バトルをやってはいましたが、本来はそういうのはあまり好きではないタイプです。

後釜ギタリストのある種の宿命ですね。

 

5、ギタートーン!

 

2人とも誰もがわかる個性あるギタートーンを持っています。

これに関してははっきり言って好みの問題になってしまいますが、私はリッチー・コッツェンのギターの音の方が断然に好きです。

 

ポールの音質やプレイスタイルは正直おなかがいっぱいになり、くどいと思ってしまいます(笑)。

イングヴェイなどのテクニカルギタリストの性ですが、飽きてきてしまいます。(ファンの方には申し訳ないですが…)

 

まとめると…

 

総合的に見ると2勝2敗1引き分けで引き分けですね…。

ただ恐らく一般的な評価としては、ポールの方に軍配が上がります。

 

ポール・ギルバートのギタープレイと使用機材!
//  ポール・ギルバートのギタープレイと使用機材! 1,980年代にレーサーXのメンバーとして10代の頃にデビューをした早熟の天才ギタリストのポール・ギルバー...

 

ギタリストして国内外で人気が高いし、ギターキッズからの憧れ度も高いからです。(雑誌の特集がよく組まれる点からみても購読者からの支持があるのも容易に想像できます)

 

ファンから求められてそれに応える姿勢は十分にプロとして尊敬できますが、音楽的な面で見るとやはりリッチー・コッツェンの方が真のアーティストであり、シンガーソングライターであると思ってしまいます。

 

リッチー・コッツェンのギタープレイと使用機材!
(function(i,s,o,g,r,a,m){i=r;i=i||function(){ (i.q=i.q||).push(arguments)},i.l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o);a.async=1;a...

 

「売れてる音楽=良い音楽」ではないとは個人的に思いますし、MTVやラジオなどのシングル向きの音楽が優れていると思う時代はとっくに終わった思います。

インターネットの普及やAppleストアのおかげでいくらでも個人が好きな音楽を探し出せるからです。

 

ただ強調しておきますが、2人とも素晴らしいミュージシャンであることに変わりはないので、是非一度聴いてみてあなた自身の耳で判断してみてほしいと思います。

 

hide(栄)も利用している通販サイトです!

 

ご案内!

こちらの記事も併せてお読み下さい!

エレキギターで1番最初に覚えること!

また、ギターや音楽関連に関する動画を随時配信してるので、You tubeのチャンネル登録をお願いします。

 - ギターヒーロー特集! , , , , ,

広告

広告

      

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  関連記事

ジョン・フルシアンテとジョシュ・クリングホッファーのギター対決!(比較)

ジョン・フルシアンテとジョシュ・クリングホッファーのギター対決!(比較) &nb …

Kenのギタープレイとオススメ曲!

  Kenのギタープレイとオススメ曲!   L’ …

LUNA SEA(ルナシー)の音楽性とオススメ曲!

  LUNA SEA(ルナシー)の音楽性とオススメ曲!   …

エリック・クラプトンの心に響く名言集と切ない歌!

  エリック・クラプトンの心に響く名言集と切ない歌!   ブ …

トム・モレロのギタープレイと使用機材!

  トム・モレロのギタープレイと使用機材!   レイジ・アゲ …

ブライアン・メイのギタープレイと使用機材!

  ブライアン・メイのギタープレイと使用機材!   クイーン …

ジョン・フルシアンテのギタープレイと使用機材!

  ジョン・フルシアンテのギタープレイと使用機材!   レッ …

DAITAのギタープレイとオススメ曲!

  DAITAのギタープレイとオススメ曲!   SIAM S …

ジョー・サトリアーニの役に立つアドバイスとギターの使用機材!

  ジョー・サトリアーニの役に立つアドバイスとギターの使用機材! &n …

リッチー・コッツェンのギタープレイと使用機材!

  リッチー・コッツェンのギタープレイと使用機材!   ソロ …